忍者ブログ
アニマルコミュニケーション 〜動物達って人間の言葉を理解しているって信じますか? 動物達ってこんなコトを考えているんだ。 そんなギモンが解決するブログかも?!(不定期更新)〜
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [100
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新が滞っていて申し訳ありません。
少しずつ更新していた、このブログも、
ついに記事が100回になりました。

ずっと前から、100回目に書こうとしていた事があります。
それは「命」についてです。

私は、現在、プライベートでワンちゃんの保護活動や
さまざまな啓蒙活動を行っています。

その際に直面するのが、動物達の命の軽さです。
それは、命ではなく、「物」扱いされてしまっていることです。

子供がたくさん出来て、増え過ぎたのでいらないから殺処分する。
飼い主さんがしつけを行わなかったため、問題行動が起きた場合でも、
動物のせいにして、殺処分を依頼する。
動物の事故の場合も、
もともとは飼い主さんの過失が原因でも同様に殺処分する。

つまり、家族として迎えているはずの動物達に、何かあった時、
簡単に殺処分を選ぶ飼い主さんが多いという事です。

何年も一緒に暮らしていた仔もいます。
ずっと可愛がられていたのに、
たった1回の粗相で殺処分を選択されるというケースもあります。

殺処分というのは、安楽死ではありません。
動物達は、苦しんで亡くなっていきます。

殺処分を選ぶという事は、
命を一つ自分の判断でこの世から消すという意味です。
その選択は、ものすごく重いものであり、
簡単に判断していいことではありません。

動物達も生きています。
生きているからこそ個性もあるし、
そのときの気持ちで、行動も変わります。
先にも書いたように、
問題も人間が気をつければ防げる場合が多いのです。

動物達は「物」ではありません。
人間と同じ「命」なのです。
物のように捨てたり、処分したりしてはいけないのです。

少しでも考えたり、相談したりすれば、
何かいい解決策が必ずある筈です。

人が簡単に動物の殺処分を選ぶような
そんな考えがなくなる世の中になって欲しい。
私はいつも願っています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
(01/25)
(01/20)
(01/16)
(11/29)
(10/13)
最新記事
(02/14)
(02/13)
(04/14)
(01/31)
(01/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
uniuni
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは。アニマルコミュニケーションを勉強中のuniuniです。まだまだ半人前ですが、私が体験したアニマルコミュニケーションの世界を紹介しちゃいます。是非、動物達の優しい気持ちに触れてみてくださいね。

その他資格:
愛玩動物飼養管理士
ドッグケアテイカー
バーコード
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]