忍者ブログ
アニマルコミュニケーション 〜動物達って人間の言葉を理解しているって信じますか? 動物達ってこんなコトを考えているんだ。 そんなギモンが解決するブログかも?!(不定期更新)〜
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [51]  [59]  [58]  [57]  [56
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワンちゃんは犬種によってある程度の性格が分かる。
ご存知でしたか?
このブログでも何回か記載していますが、
動物はその仔その仔で、性格も違いますし、個性ももちろんあります。
一概には言えないのですが、ワンちゃんの場合、
犬種で大体の性格が分かったりします。

例えば、猟犬系のワンちゃんの場合、
気が強い仔が多かったり、吠える事が仕事のため、
高い声で吠えやすかったりということがあります。
ダックスフンドやビーグルなどがこの例になります。
また柴犬系はとても警戒心が強いので、
吠えやすくなったりしますし、
ラブ系はとっても遊び好きで体力があるので、
破壊行動をしてしまう傾向があります。
ハスキー等はソリ犬のため、とても頑固で、
人間にスリスリ甘えるタイプではありません。
ブルテリアなどは闘犬のため、闘争本能があるので、
小動物を襲ったりなどということも考えられます。

このように、ワンちゃんが、どの仕事をしていたかによって、
大体の性格が分かるのです。
雑種も、どのワンちゃんの系統かどうかを考えるだけで、
判断が出来ると思います。

ここで何が言いたいかと言うと、
吠えるからダメということではなく、
犬種によって、吠えやすいワンちゃんだったら、
吠えない様なしつけをしたり、
吠えるということを前提に事前に対処することで、
改善策が見つかる場合もあると思います。
つまり飼い主さんが、どれだけ、そのワンちゃんを理解出来るかで、
変える事が出来ると思います。

動物を家族にする際は、必ず、その種類の傾向などを調べること、
それだけでも問題行動が理解出来たりすると思います。

調べることなど、インターネットで検索すればすぐに出来る事です。

ダメと決めつける前に、是非理解をしてあげて頂けるとうれしいです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(01/25)
(01/20)
(01/16)
(11/29)
(10/13)
最新記事
(02/14)
(02/13)
(04/14)
(01/31)
(01/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
uniuni
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは。アニマルコミュニケーションを勉強中のuniuniです。まだまだ半人前ですが、私が体験したアニマルコミュニケーションの世界を紹介しちゃいます。是非、動物達の優しい気持ちに触れてみてくださいね。

その他資格:
愛玩動物飼養管理士
ドッグケアテイカー
バーコード
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]