忍者ブログ
アニマルコミュニケーション 〜動物達って人間の言葉を理解しているって信じますか? 動物達ってこんなコトを考えているんだ。 そんなギモンが解決するブログかも?!(不定期更新)〜
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノーリードとは、いわゆる「放し飼い」のことを言います。
最近、ノーリードでワンちゃんを散歩される飼い主さんが
多くなっている様な気がします。
ワンちゃんを自由に運動させたい。自由を制限したくない。
ウチの子は躾が出来ているから大丈夫。その理由は様々です。

ではワンちゃんはどう思っているでしょうか?
ちなみに我が家の子は、とても恐がりなので、
逆にリードがあった方が安心。
飼い主と繋がっている感じがしてうれしい。と言っています。
つまり、ワンちゃん全部が、リードをつける事に対して、
否定的と言う事はありません。

問題なのが、ノーリードにした時のリスクです。
大きくは2つあります。加害者になってしまう場合と
被害者になってしまう場合です。
これらはリードでコントロール出来れば防げる事です。

まず加害者になってしまう場合ですが、
・他のワンちゃんや動物に噛みついてしまう
・人間に噛みついてしまう
・他のワンちゃんを妊娠させてしまう

ウチの子は躾がしてあるから大丈夫と思われる方が多いと思いますが、
次に被害者になってしまう場合があるということを
想像してみて下さい。
・他のワンちゃんとケンカになってしまい
 ワンちゃんが噛まれ怪我をする
・ケンカの仲裁にはいって、自分が怪我をする
・道路に飛び出してしまいワンちゃんが交通事故にあう
・妊娠させられてしまう
・パニックになった時に迷子になってしまう
特に小型犬の場合、もし大型犬とケンカになってしまったら、
大事故に繋がる場合があります。

これは私の意見ですが、ノーリードはあまりにも
リスクが大きいと思っています。
ですので我が家はもちろんしていません。
最悪、最愛のワンちゃんの命に関わる事も容易に想像出来るからです。

「放し飼い」自体、条令でも禁止されています。
是非このリスクを再確認して頂けたらと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(01/25)
(01/20)
(01/16)
(11/29)
(10/13)
最新記事
(02/14)
(02/13)
(04/14)
(01/31)
(01/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
uniuni
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは。アニマルコミュニケーションを勉強中のuniuniです。まだまだ半人前ですが、私が体験したアニマルコミュニケーションの世界を紹介しちゃいます。是非、動物達の優しい気持ちに触れてみてくださいね。

その他資格:
愛玩動物飼養管理士
ドッグケアテイカー
バーコード
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]