忍者ブログ
アニマルコミュニケーション 〜動物達って人間の言葉を理解しているって信じますか? 動物達ってこんなコトを考えているんだ。 そんなギモンが解決するブログかも?!(不定期更新)〜
[104]  [103]  [102]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、とあるイベントに我が家のワンコ達と参加していたとき、
小型犬のワンちゃんを抱いた小学生の女の子が近づいて来ました。
この子は、我が家のワンコ達に、一生懸命、
自分のおウチのワンちゃんを近づけて挨拶させようとします。
でもこの女の子のおウチのワンちゃんは、とても恐がりで、
さらにワンちゃんが大の苦手。
それに加え、我が家のワンコ達は、大型犬。
挨拶どころか、近づく事さえ出来ません。
でも嫌がるワンちゃんを、女の子は一生懸命、
我が家のワンコ達に近づけます。

ワンちゃんの嫌がりようが、あまりにも、すごかったので、
女の子に声をかけました。

「このワンちゃんは、とても恐がりで、ワンちゃんが苦手みたいだよ」

この言葉に対する、
女の子からの返事があまりにも意外な言葉だったのです。

「お母さんが、大きなワンちゃんと友達になれないと駄目だって、
言うから、やっているの」

正直、唖然としてしまいました。

この女の子は、お母さんに言われるままに忠実に、
従っていただけだったのです。

人間にだって、友達になれる人、なれない人がいます。
相性があるのです。さらに人が嫌いな人間だっています。
ワンちゃんだって同じなのです。
相性のあう仔、あわない仔もいますし、
中にはワンちゃんがキライなワンちゃんもいます。
さらに自分より大きい仔だったら、
恐がりの仔は、なおさら近寄れないと思います。
つまりワンちゃんだって人間と同じなのです。

以前も書きましたが、ワンちゃん同士は必ず仲がいい、
仲良く出来なければ駄目という認識は、
人間が勝手に考えた決めつけなのです。

この女の子には、急だと難しいから、少しずつ近づけて、
時間をかけて馴らしてあげてね。
そして、少しでも出来たら誉めてあげてね。
と伝えました。
でもお母さんの認識が直らないと、
変わらないと思っています。

正直、このことで啓蒙の難しさをあらためて実感しました。
そして、まだまだ伝えなければならない事が多い事も実感しました。

今の自分にだって出来る事がある、
動物達の代弁者として、もっともっと活動をしなければならないと、
あらためて、実感した出来事でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
(01/25)
(01/20)
(01/16)
(11/29)
(10/13)
最新記事
(02/14)
(02/13)
(04/14)
(01/31)
(01/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
uniuni
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは。アニマルコミュニケーションを勉強中のuniuniです。まだまだ半人前ですが、私が体験したアニマルコミュニケーションの世界を紹介しちゃいます。是非、動物達の優しい気持ちに触れてみてくださいね。

その他資格:
愛玩動物飼養管理士
ドッグケアテイカー
バーコード
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]