忍者ブログ
アニマルコミュニケーション 〜動物達って人間の言葉を理解しているって信じますか? 動物達ってこんなコトを考えているんだ。 そんなギモンが解決するブログかも?!(不定期更新)〜
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

動物を取り上げた番組で私が印象に残った番組をまた一つご紹介します。

それは「奇跡体験!アンビリバボー」で
取り上げられた「盲導犬サーブ」のお話です。

このお話は、シェパードの盲導犬サーブが、
車からご主人を守るため、自分がご主人の盾になり、
車に飛び込む事によって、
ご主人を助ける物語で、サーブは、命は助かったものの3本足となり、
盲導犬を引退しなければならなくなり、
ご主人といっしょに暮らせなくなってしまいました。
でも、このことが後の盲導犬の認知度を高めたり、
盲導犬の自賠責保険の適用、歩道の修正、
さらにその勇敢さからアメリカからの表彰まで行われるほど、
社会を変える事になったという物語です。

このお話ですが、私が感動したのは、2点あります。

以前もこのブログでご紹介したように、
飼い主さんが命の危険があったとき、
動物たちは自分の命を捧げても飼い主さんを守るという
気持ちがあるということを、サーブは身を持って教えてくれた事です。
自分の家の仔はそんな事、思っていないよ。
と思われるかもしれませんが、私は動物たちは全員持っていると思います。

もう一つは、飼い主さんの言葉で、
サーブとのイベントや表彰などの依頼があったとき、
一番うれしかったのは、離ればなれになるはずだったサーブと、
いっしょに過ごす時間がたくさん持てたことだとおっしゃられた事です。
とてもうれしい言葉です。

私にはサーブも同じように感じていたと思います。
表彰されようがなかろうが、そんなことは関係ない。
また飼い主さんの役に立てる事ができる、一緒にいる事ができる、
それが何よりサーブにとって満足だったと思いますし、
最高のご褒美になったのではと思います。

でも一番重要なのは、物語の感動で終わらせるのではなく、
このような事故は、
もう2度と起きないようにしなければいけないという事だと、
改めて感じました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして
こんにちは、はじめまして。
アニマルコミュニケーションに興味を持ちネット検索をしているうちにこちらへたどり着いた者です。
私にはコミュニケーション能力はありませんがそういうチカラもこの世にはあるものだと信じています。

日記に書かれた動物との素敵な会話拝見しました。
やはり彼らにも感情や心があるのだとホッとしました。
サーブの話は私もTVで見ました。ボロ泣きしてしまいました!

唐突で大変恐縮ですがうさぎについて質問です。
神経質で犬猫と違い飼い主に対しあまり愛着をもっていないドライな性格というのが私がうさぎに対して持っている印象です。しかし飼い主にべったり甘えるうさぎもいると聞きました。
うさぎにもよると思いますが、うさぎは飼い主に対しどのような気持ちを持っていますか?犬猫と変わりませんか?

過去ブログで『うさぎさんの性格一例』を掲載されましたがもっと知りたいと思います。
よろしければブログでご紹介お願いします。
丑子 2007/09/11(Tue)15:57:57 編集
Re:はじめまして
丑子様、コメントありがとうございます。
うさぎさんの性格ですが、もちろん、その仔その仔で違います。
愛情深い甘えんぼもいれば、甘え下手なシャイな仔もいます。
それがワンちゃんや猫ちゃんだろうが、うさぎさんだろうが、
動物自体、人間と同じできちんと別々の感情を持っています。
ブログでは、うさぎさんは性格が強い仔が多いと書きましたが、
その中でも個々できちんと違う感情を持っています。
つまり一概に言えないというのがお答えになってしまうのです。
ご期待されたお返事ではないかもしれませんが、
うさぎさんの事例ももっとブログでご紹介していくようにいたしますね。
uniuni 2007/09/17(Mon)21:44:24 編集
私も見ました。
サーブの番組、私も見ました。とても感動しました。
人間である私達も果たしてどれくらいの人がそのような行動ができるのか・・そう考えるとサーブの行動には本当に頭が下がる思いでした。
SATOKO 2007/10/06(Sat)23:42:07 編集
Re:私も見ました。
SATOKO様、いつもコメントありがとうございます。
サーブの行動、本当に頭の下がる思いですね。
動物達の幸せは、飼い主さんが幸せになることです。
私たちにはなかなか真似出来ないことですが、
その思いを理解することだけでも、実はすばらしいことなのです。
SATOKO様の動物のご家族はとても幸せですね。
uniuni 2007/10/14(Sun)23:40:26 編集
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(01/25)
(01/20)
(01/16)
(11/29)
(10/13)
最新記事
(02/14)
(02/13)
(04/14)
(01/31)
(01/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
uniuni
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは。アニマルコミュニケーションを勉強中のuniuniです。まだまだ半人前ですが、私が体験したアニマルコミュニケーションの世界を紹介しちゃいます。是非、動物達の優しい気持ちに触れてみてくださいね。

その他資格:
愛玩動物飼養管理士
ドッグケアテイカー
バーコード
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]