忍者ブログ
アニマルコミュニケーション 〜動物達って人間の言葉を理解しているって信じますか? 動物達ってこんなコトを考えているんだ。 そんなギモンが解決するブログかも?!(不定期更新)〜
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が家のワンコでどうしても遠くの病院での治療が
必要になってしまった仔がいます。
そのため、その仔だけ連れて、遠方の病院に通っていたのですが、
ある日、また病院に行こうとすると、我が家の多頭の中の一人の仔が
どうしてもついて行きたいというのです。
この仔は病院が苦手なので、場所が病院だと伝えても、
それでもついて行きたいというので、
付き添いで連れて行ったのですが、やはり病院に着いた途端、
意気消沈してしまい、結局テンションが下がったままの
帰宅になってしまいました。

なぜこのようなことがおこったのでしょうか?
病院に通っている仔は、家に帰った後、
みんなに楽しかったと伝えていたようです。
そのため、このお出かけにみんなが興味を持ったようなのですが、
実はこの「楽しかった」の認識が微妙に違っていたのです。

病院に通っている仔はとっても食いしん坊のため、
病院に行く途中、おやつを沢山用意して、
定期的にあげるようにしていました。
つまり病院は苦手でも、おやつが沢山貰えるので、
楽しいと感じているのです。

ところが付き添いを申し出た仔は、遊び好きで、
どこかの遊び場所に行くのがとっても好きな仔です。

実はこの「好きなもの」が2頭の間で違っていたのです。
つまり

病院に通っている仔の好き=おやつ
付き添いに行った仔の好き=遊び

で付き添いに行った仔は「楽しかった」という報告で、
遊びを想像してしまったようなのです。
もちろん遊びではなく、苦手な病院ですから、
話が違うということになったのです。

きちんと伝えるのは難しいですね。

でもこの好きなものを理解してあげる事で、
ご家族の動物達のご褒美になり、
テンションを高める効果を出す事が出来ます。

ご家族の動物達の「好きなもの」理解されていますか?

是非ご家族の動物達がいい事をしたら、
この「好きなもの」で誉めてあげてみて下さい。
きっと笑顔で返してくれると思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(01/25)
(01/20)
(01/16)
(11/29)
(10/13)
最新記事
(02/14)
(02/13)
(04/14)
(01/31)
(01/24)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
uniuni
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは。アニマルコミュニケーションを勉強中のuniuniです。まだまだ半人前ですが、私が体験したアニマルコミュニケーションの世界を紹介しちゃいます。是非、動物達の優しい気持ちに触れてみてくださいね。

その他資格:
愛玩動物飼養管理士
ドッグケアテイカー
バーコード
ブログ内検索
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]